KANAYOのブログ

旅行のこと

2018.12.10 バルセロナ

眠い。バスの中でも基本うとうとしてて、気づいたらフランスからスペインに入ってた。EUっていいな。国境審査もなければ通貨も同じ。陸路で国境を越えるときの感慨は、何度か経験したらもういつしか面倒という感情に変わるので(笑)途中モンペリエのサービスセンターで今後の暇つぶしにとお絵かき帳と塗り絵買っちゃった。今後の暇つぶしにとっていうのは後づけで、とても可愛かったからつい。f:id:pandakopanda728:20181211044307j:imageお絵かき帳は5€。f:id:pandakopanda728:20181211042954j:image塗り絵は色鉛筆ついて4€。安くない?f:id:pandakopanda728:20181211042959j:imageバスの中でもひたすらうとうとしていたのに、ホステルに着いても眠い。しかしバルセロナの都会っぷりには腰抜かした。夜に着いたこともあってイルミネーションがすごい。南仏は人口も少なくてどの街も(マルセイユでさえも)大人しかったから(その大人しさもまた好きだった)ギャップがすごい。バルセロナ、ギラギラしてる。なのにホテルまで歩いた感じ物価はフランスより安い。ホテルもたくさんあって競争率が高いのか安いのに質が良い。経済政策が成功してる都市って感じ。夜ごはんを買おうと入ったスーパーでスライスされたオリーブ入りのハム10枚くらいのパックが1€で売っていて歓喜。スペインはハムが安くて美味しいんだっけ。色々なものに1€のステッカーが貼ってあって気分的にも非常に買いやすい。南仏では1€くらいで買えるものを必死に探したが、ここでは1€で買えるものの中から選ぶ感じ。大きな違いだ。そして広くてピカピカした大通りを歩いていたら突然お店の並びに現れるガウディ建築。f:id:pandakopanda728:20181211040557j:imageカサ・バトリョ洋服屋の横に普通にあることに驚き。そしてバルセロナの夜は長いらしく、わたしが通った19時でも入場できるみたいだった。すごい都会に来てしまったな。久しぶりの大都会にカルチャーショック。

ダリ美術館に行くつもりだったけど、モチベーションが下がっている。というのも、バスでバルセロナまでやってきたけど、ダリ美術館のあるフィゲラスにもバス停車したんだよね。よく考えたらダリ美術館のあるフィゲラスは、南仏とバルセロナの間にあるのだ。そこから2時間西へ進むとバルセロナ。明日2時間またフィゲラスへ戻って、また2時間かけてバルセロナに戻ってくるのは非常に面倒くさい。サルバドール・ダリ様!ごめんなさい、今回はパスさせてください。当初スペインはアフリカと南米の中継地点で(当初は南仏の予定もまるっとなかった)、サグラダファミリアだけ見れたらいいやと思っていたので下調べが足りず、いざ調べ出したら当たり前だけど色々出てきて時間足りないということで一応丸一日使えるのを3日間に伸ばしたんだけど、それでも足りないわなあ。行きたい場所って本当にキリがないね。

着いた印象、この街相当でかいので、3日まるごと遠出せずにこの街を歩き回りたいと思っています。どうしてもダリに会いたくなったり、もしくはモンセラトの登山電車に乗りたくなったりするようであれば、また考えよう。今のところ3日とも市内が濃厚。明日は合法的にグエル公園に無料で入ってくるよ!というのも、オープン前に入ってしまえば、グエル公園の入場料はかからないのです。明日も朝早いから今日はシャワー浴びてさっさと寝る。おやすみなさい。

2018.12.09 アヴィニョン

今日は公園も美術館も無事空いてて昨日やり残したことができた!美術館が開く前にロシェ・デ・ドム公園に行って朝ごはん食べながらローヌ川とサン・ベネゼ橋を眺めた。「アヴィニョンの橋の上で」っていう歌で有名な橋。
f:id:pandakopanda728:20181209204235j:image親子が仲良くお散歩してたりして和んだ。平和な日曜日の朝だ。
f:id:pandakopanda728:20181209204310j:image昨日特別に公園や美術館が閉まっていたのは、やはり “Gilets Jaunes”、黄色いベスト運動に備えてのことだったよう。フランス全土で12月8日にmanifestation(今回はじめて知った単語。表明・政策表明・示威運動)を起こそうと以前からSNSを通じて呼びかけられていたらしい。そういえば先週のパリでのmanifestationは12月1日だったので、毎週土曜にそれは起こされていて、昨日は南仏の各都市でも小規模ではあるが市民が決起した。このことについて分かりやすく書かれている記事を読んで、遅ればせながら状況を理解した(ちなみにその記事→http://kojirouysd.blog.fc2.com/blog-entry-164.html)。物価が高い分国民の賃金も高いのかと勝手に思っていたが、14%もの人々が月1015€(約13万円)以下で生活しているとは驚きだ。ほとんどの日本人はフランスといえばパリで、その中でも特にパリの独特な高貴なムードをイメージするだろうから、この運動が起きるまでこの内情など想像できなかったに違いない。わたしは今回の旅行ではじめてパリ周辺以外の地域に行って、人々は特に洗練されておらず、ファストファッションに身を包む人が多いことは実感していたため、フランスに対する過度な煌びやかなイメージは無くなっていた。人々は庶民的で優しい。たまたまではあるが、この“Gilets Jaunes”の時期に重なって根底の社会問題も少し知ることができ、憧れやイメージ上だけではないフランスを知った上で、やはりわたしはフランスがとてもとても好きだ。パリのあの独特なムードも、南仏の着飾らない空気も。この興味深い国に必ずまた来よう。

話を戻して、公園のあとは公園のすぐ横のプチパレ美術館へ行った。ここはルネサンス期の宗教画ばかりで、わたしの好みではなかったので、30分ほどで退散。この時期の絵は動物がまったく写実的でなかったり、重要でない人物が小さく描かれていたり、子供がおじさんみたいな顔をしていたりする。f:id:pandakopanda728:20181209211309j:imageこれをライオンとは言わせないよ?
f:id:pandakopanda728:20181209211317j:imageいやらしい顔で乳を掴む赤児。
f:id:pandakopanda728:20181209211304j:imageいちばんいいなと思った絵。もっとこの時期の絵にも興味を持てればルーブルとかももっと楽しめるだろうけど。やっぱり18世紀以降からくらいの絵が好きです。お次はカルヴェ美術館。こちらも入場無料。f:id:pandakopanda728:20181209211606j:imageここには印象派の画家の絵もあってf:id:pandakopanda728:20181209211610j:imageこれとか好きだった。f:id:pandakopanda728:20181209211651j:imageでもいちばんいいなと思ったのはこれ。f:id:pandakopanda728:20181209211726j:image全然知らない画家なんだけど惹きつけられるものがあった。f:id:pandakopanda728:20181209211746j:imageやっぱ美術館行くの本当に好き。スペインではダリ美術館とピカソ美術館に行くよ。そのあとクリスマスプレゼントと題して自分に。ZOZOTOWNで調べた価格より8000円安い。フランス来たらフランスのブランド買わないとね。f:id:pandakopanda728:20181210021725j:imageそれから教会でノエルコンサート。f:id:pandakopanda728:20181210021849j:image地元の人たちと一緒にオペラ調の聖歌を聴いた。そんな感じでアヴィニョンも終わり。ゆっくり過ごしたなあ。南仏では暮らすように旅行する、それがわりとできたんじゃないかな、満足満足。明日はバルセロナへ移動です!

2018.12.08 アヴィニョン

今日はアヴィニョン観光。カフェでクロワッサンとコーヒー朝ごはんに食べて、毎週土曜11時に料理教室が開かれるmarché les hallesへ。f:id:pandakopanda728:20181209015812j:imagef:id:pandakopanda728:20181209015829j:imageネット情報通りちゃんと料理教室というか料理のデモンストレーションやってましたー!試食もさせてもらったよ。
f:id:pandakopanda728:20181209015817j:imageアーモンドたっぷりで美味しかった。フランス語でレシピの説明までしてくれました。
f:id:pandakopanda728:20181209015822j:imageもらったレシピ通り料理名をGoogle翻訳かけたらf:id:pandakopanda728:20181209023004j:imageカリカリなおばあちゃん(笑)クロッカンドなんちゃらって日本でもたまに聞くよね。おばあちゃんの部分気になるわ。クレアおばさんのクリームシチュー的なノリで、rouxおばあちゃんのクランチ的な感じか?そのあとこのマルシェの前の広場が素敵だったからスーパーでワインとサンドイッチとチョコ買ってベンチでお昼ごはん。f:id:pandakopanda728:20181209023528j:imageお昼ごはんを食べたくなるような広場とベンチがそこら中にあるのがヨーロッパの良いところだよね!それから街全体をグルっとお散歩。ほんとは何個かある美術館のうちいくつかに行くつもりだったんだけど何故かどの美術館も今日は12時以降やってませんの貼り紙が。明日は空いてますように!f:id:pandakopanda728:20181209025816j:imageアビニョン教皇庁ノートルダム・デ・ドン大聖堂。f:id:pandakopanda728:20181209025809j:imageアビニョン教皇庁とにかくでかい!f:id:pandakopanda728:20181209053104j:image横から見上げて撮ったやつ↓f:id:pandakopanda728:20181209025926j:imageそれからこれまたネットでお勧めされてたタンテュリエ通り。てゆか結局はほとんどの通りを適当に歩き回ってるんだけど、タンテュリエ通りは水車やお洒落なカフェがあって可愛いから写真撮った。f:id:pandakopanda728:20181209030623j:image最終日くらいはこういうカフェでランチしようかな。明日日曜日だからお休みかな・・・?あとフランスでもNINTENDO SWICHのスマブラは至る所で宣伝されてるよ!f:id:pandakopanda728:20181209030738j:image美術館が全部閉まってたので予定を変更してこのあと教皇庁の中へ!学生10€(一応3月まで学生なので笑)と高いけどこれがまた想像とは違う意味で面白かった!入る価値あり!違う意味でって書いたのは、ここで渡されるオーディオガイドがすごいの。f:id:pandakopanda728:20181209031223j:image位置情報!
f:id:pandakopanda728:20181209031219j:imageからのこれ何だ?f:id:pandakopanda728:20181209031436j:imageこのマークをスキャンすると
f:id:pandakopanda728:20181209031440j:image各部屋こんな風に当時の様子を再現する!
f:id:pandakopanda728:20181209031629j:imageそれからこんなミニゲームまで。f:id:pandakopanda728:20181209031757j:imageこれが面白すぎてオーディオガイドの説明あんまり聞いてない(笑)説明もめちゃ細かくて、熱心に聞いたら半日くらいかかるのでは。
f:id:pandakopanda728:20181209031805j:imageそして全部集めると素敵なご褒美が?!という、広くて大きい教皇庁ならではのアトラクションゲームみたいになっててすごく楽しかった。ペイントのある部屋は撮影禁止なんだけど、ペイントのある教皇の寝室と鹿の間が特に綺麗だからこのパッドとともに教皇庁見学楽しんでほしい!部屋撮れないからパッドの写真撮っといた。f:id:pandakopanda728:20181209052905j:imagef:id:pandakopanda728:20181209032421j:imagef:id:pandakopanda728:20181209032432j:image15時に入って2時間くらい見学して、最後は教皇庁の上から夕日を眺めた。綺麗!f:id:pandakopanda728:20181209045008j:image
f:id:pandakopanda728:20181209044954j:image
f:id:pandakopanda728:20181209045112j:image宿に帰る頃アヴィニョンでもパリの影響を受けてプチ暴動が起きてました。2時間くらいで静かになったかな。f:id:pandakopanda728:20181209045647j:imageなんかビール片手にイエロージャケット着て参加してる人もいてこういうのってほとんど野次馬なのかなあなんて思ったり。フランスの街並みにこの蛍光色は似合わないよ。f:id:pandakopanda728:20181209045638j:image明日は公園の上からヴェネゼ橋を見ることと美術館巡りをしてフランス納めをしたいんだけど今日どちらも開いてなかったし、プチ暴動のせいで美術館と公園が明日も閉めるかみたいな判断くださないか心配。どちらも開いてなかったらやることないなり。

2018.12.07 アルル

今日はゆっくりめ出発で9時41分の電車に乗ってアルルに10時着。アヴィニョンからアルル近い!本数少なくて帰りは1時間半待つはめになったけどね(笑)昨日が楽しすぎて最初全然モチベーションが上がらなかったんだけど、13時くらいから気分が乗ってきて、ゴッホの絵の景色巡りとお買い物を楽しんだ。ゴッホの絵の景色巡り用のペラペラの地図2€もするから勿論買わず、ツーリストインフォメーション前の立て看板マップに載ってるのを元に10か所中7か所まわったよ。f:id:pandakopanda728:20181208022622j:image遠いところ3か所は端折りました。オルセー美術館で見て気に入ってた③la nuit étoiléeはここから描かれてたんだ!とかf:id:pandakopanda728:20181208022712j:image①Le café le sourは美の巨人で紹介されてるの見たなあとかf:id:pandakopanda728:20181208022735j:image思いながら歩くのは楽しかった!どちらも夜の絵だから本当は夜に見た方がいいんだけどそこまでの気力は無かった、①のカフェに至っては営業さえしてなかったしね(笑)知らない絵だったけど気に入った場所は⑨Le jardin de la maison de santé。f:id:pandakopanda728:20181208022821j:imageここは今カルチャースペースと図書館になって名前もL’espaceVan Gogh になってた。ここの図書館と展示オシャレだった。f:id:pandakopanda728:20181208022826j:imagef:id:pandakopanda728:20181208022848j:imageそして入場無料!これ大事(笑)象の乱獲をモチーフにした作品の写真撮ってたら、アーティストご本人がたまたま登場。f:id:pandakopanda728:20181208022853j:imageやっぱ最近良い偶然が重なってるなあ。そういえばゴッホ財団美術館も近代的でオシャレだった。ゴッホの名がついてるのにゴッホの作品1枚しか今はないとのことで入場せず。f:id:pandakopanda728:20181208023132j:imageアルルにもサンレミ同様ローマ遺跡がゴロゴロ残っていて、この道を進んだ先にこの円形闘技場がある。f:id:pandakopanda728:20181208022914j:imagef:id:pandakopanda728:20181208022920j:imageんだけど、ここの入場料は9€もするので外から見るだけ。ギリシャ・ローマの遺跡はわりともうお腹いっぱい。トルコのエフェスでたくさん見たから・・・ギリシャ・ローマの遺跡に関しては感受性が足りずどこで見ても同じに見えるという。イタリアに行くときはローマではなくフィレンツェに行きたい!ギリシャは行く予定なし。

そして南仏着いてからずっと冬服1着で過ごしてたんだけど(汚い)今日とっても可愛いスカートとマフラー見つけてお買い上げ♡かといってスカートに合う上の服は無い。良いんだ、今回の旅では日の目を見なくてもね・・・それぞれ50€。服は残るからそれなりの値段でも気に入ったものを厳選して買っちゃう!その服を見るたびにその国のことを思い出せる。そして何より日本では買えないデザインってとこが良いよね。売ってる本人がハンドメイドで作ってるブランドで、その人はマダガスカルモーリシャスの間の島出身だった。アフリカ×フランスのデザイン、そりゃわたし好きだわ。

アルルもこじんまりしてて、けどエクスとかみたいに洗練されてるわけではなく、生活感に溢れる庶民的な街だった。f:id:pandakopanda728:20181208023248j:imagef:id:pandakopanda728:20181208023254j:imagef:id:pandakopanda728:20181208023200j:image今日も遠足みたいな子どもたちがいて可愛かったです。f:id:pandakopanda728:20181208034519j:image壁に貼ってあったこの映画気になる。図書館にも日本のマンガたくさんあったしフランス人はわりと日本に詳しくて嬉しい。小手先のアイラブジャパンはアフリカでたくさん聞いたけどフランス人は知らない・特別な感情がない場合はわざわざお世辞言ってこないから信用できる。そういえばセザンヌのアトリエでわたしに色々説明してくれたスタッフの女の子は来年から1年東京でワーホリするって言ってた。日本に住むのが夢だって。それならわたしと交換しない?と言ってみた。

さて、明日と明後日は残すところ泊まっているアヴィニョン観光のみ!明日は毎週土曜限定のお料理教室に行くことだけ決めてる。無料の美術館も5個あるので、明日と明後日にわけてゆっくりまわります。ちなみに今日の朝ごはんはコーンフレーク、昼ごはんは無し、夜ごはんはキャロットラペ。服とごはんの差(笑)でもね、しあわせだから良いのです。それではまた明日!オヴワール!

2018.12.06 ポンデュガール

フランスの地名はイコールが多いなあ〜さっきのサンレミたちもポンデュガールもほんとは切れ目切れ目にイコール入ってるけど省略!笑

6か所巡った中でわたしがとりわけ好きだったのは最初のフォンテーヌドヴォクリューズとルシヨン(KENZOのモデルに会えたことも大きいかも)と最後に訪れたここ、ポンデュガール!ポンデュガールは最初のとことは違ってわたしでも知ってたし、多分小学校の国語の教科書とか中高の歴史の教科書とかにも載ってるんじゃないかな?だから絶対に見たい場所だったし、期待も大。そしてその期待を裏切らないのがポンデュガール!

このツアーかなりタイトなタイムスケジュールで、お昼の時間とかも特になくて各自で(ルシヨンの木曜マーケットのワゴンカーの焼きたてピザクオーターサイズ1.5€食べ歩き。f:id:pandakopanda728:20181207095326j:image選択肢これしかなかったけど安いのに超美味しかった。なお写真映えはまったくしていない。)それでも冬だから最後のポンデュガールに着く頃はもう日の入り30分前。45分くらい夕日の中のポンデュガールを堪能した!ポンデュガール、大きいのなんの。やっぱ大きいってすごいわ(なんとセンスのない言葉選び)。さて、どんどん近づいてみましょう!f:id:pandakopanda728:20181207095947j:image
f:id:pandakopanda728:20181207095951j:image
f:id:pandakopanda728:20181207095957j:image
f:id:pandakopanda728:20181207100003j:imageわーお。くぐって上流の方へ向かいます。f:id:pandakopanda728:20181207100219j:imagef:id:pandakopanda728:20181207100335j:imagef:id:pandakopanda728:20181207102101j:imageわーお!水に反射してる!最後は橋の1段目を渡ります。f:id:pandakopanda728:20181207100509j:image
f:id:pandakopanda728:20181207100515j:image
f:id:pandakopanda728:20181207100526j:image
f:id:pandakopanda728:20181207100522j:image
f:id:pandakopanda728:20181207100531j:imageう、美しい・・・

てな感じで盛りだくさん、幸せいっぱいの1日でした。幸せついでに帰りはモノプリでワインとパテとチョコレートを買って夜ごはん。f:id:pandakopanda728:20181207100745j:imageパテ1.55€、ワイン2.69€なり。フランスでなら幸せに賢く節約生活送れるわ。日本帰ったらキャロットラペは自分で作るってずっと前から決めてる。盛りだくさんすぎて明日は何もしなくてもいいなあ。ゆっくり1日を始めよう。

2018.12.06 サンレミドプロヴァンス ボードプロヴァンス

続きまして次なる目的地は個人的にでも行くつもりだったサンレミ!ゴッホが入院していた病院のある場所。サンレミはローマ時代の遺跡とゴッホの病院とで有名な場所。ゴッホの病院を見るだけならものの15分くらいで終わるから、自力で来る必要なくて良かった!もちろんローマ時代の遺跡や木々はとても美しいから見る価値はあるんだけどね。とにかくこのブログはわたしの個人的な好みを反映しまくっているので人によって全然感じ方が違うかもしれないことはご承知おきください(笑)f:id:pandakopanda728:20181207040744j:image
f:id:pandakopanda728:20181207040733j:image
f:id:pandakopanda728:20181207040739j:image
f:id:pandakopanda728:20181207040726j:imageツアーで行けてほんとラッキー。病院だけが目的だったとしても行かなかったら心残りになってただろうから。お次はレボードプロヴァンス!ここは石でできた村。今日行った村の中でいちばん車の数も多く観光地化していた。夏は人混みですごいことになっているそう。何が要因でそれぞれの美しい村が多くの観光客で賑わっていたりあるいは閑散としていたりするのか基準はよくわからない。まずは全体を見下ろせるスポットから。時間的に少し逆光。f:id:pandakopanda728:20181207043953j:imageその後村の中へ。f:id:pandakopanda728:20181207041530j:image
f:id:pandakopanda728:20181207041524j:imageモナコ公国と関係が深いらしい(雑な説明でごめんなさい)。
f:id:pandakopanda728:20181207041421j:image
f:id:pandakopanda728:20181207041416j:image日の入りまであと75分。最後に目指すはポンデュガール!わたしの絶対に行きたかった場所。続く。

2018.12.06 ゴルド ルシヨン

次なる目的地はゴルド。実はわたしここゴルドくらいしか最初プロヴァンスの村の知識はなかったの。だから基本的にツアーを探すときにゴルドに寄ってくれるものを探していました。で、待望のゴルド!まずは日本人にも馴染み深いであろうフォトスポットへ。f:id:pandakopanda728:20181207032139j:imageそうそう、これこれ!写真のまんまです。村だけじゃなく村の下に広がる農地の美しいこと。
f:id:pandakopanda728:20181207032134j:imageその後村を30分ほど訪問。30分て短くない?と思うかもしれないけど、冬の今はどのお店も空いていないのです(笑)ここはサマーシーズンのお金持ちの別荘なんだそうな。住んでる人もいるけど、観光客のためにお店を開いている住人が大半なんだって。f:id:pandakopanda728:20181207032444j:image
f:id:pandakopanda728:20181207035258j:image
教会は夏にむけてリノベーション中でした。f:id:pandakopanda728:20181207032525j:image6〜7月のラベンダーのシーズンもきっと素晴らしいんだろうけど、ほぼ人がいなくて静かで木々が紅葉してるシーズンオフに来れてよかったと思う!どの村でも、村全体の色合いと紅葉した葉の色合いとのコントラストがとても美しかった。

その後訪れたルシヨンの方がわたしはより好きだった。ここは赤の街。この地方で取れるオークルの色。f:id:pandakopanda728:20181207032825j:image
f:id:pandakopanda728:20181207032819j:imagef:id:pandakopanda728:20181207043338j:image
f:id:pandakopanda728:20181207043342j:imageそのオークルを見られるスポットに行ったら、なんとKENZOの2019AWの撮影をしてた。KENZOのコレクションを着たモデルさんと写真撮ってもらっちゃったよ。これは本当に興奮した。でも写真は来年の3月までネットに載せちゃダメだって。3月になったらたくさん自慢しちゃお!そんな撮影スポットはこちら!f:id:pandakopanda728:20181207033316j:imageここ自体もめちゃよかった。自然が作り出したものなのになんてアーティスティックなんでしょう。そりゃあコレクションの撮影地にもなるよ。続く。